練馬区で介護リフォームするならハートステーションにお任せ:介護リフォーム専門店 ハートステーション

練馬で介護リフォームするならハートステーション





ご相談から施工・アフターフォローまで、お家でのくらしをサポートします!

住環境づくりをひとりひとりのお身体と生活状況にあわせて、
介護リフォームでおうちでのくらしを支えるお手伝いをします。


そして、介護するひとりひとりにも、ちょっとでも ラクにくらしてほしいと
ハートステーションは考えています。

介護する方も介護される方も幸せになる住まい作り
をご提案いたします。


介護保険対応住宅改修カタログ

実は家の中にはこんな危険が潜んでいます。



浴室は家の中で最も事故が起こりやすいところです。
部屋と脱衣所に温度差があると、血圧の変動も発生しヒートショックを引き起こす可能性もあります。また、浴室の介護リフォームを考慮する際は、床が滑りやすいため転倒の危険を取り除くことが必要です。

トイレの介護リフォームでは、居室からの移動距離がなるべく短く、何度も曲がらずに進めるような単純な動線になるように心がけています。
また、トイレのドアを引き戸にする、トイレは寝室からなるべく近い位置に配置するなど、お客様にあった介護リフォームのご提案をいたしております。



長時間快適に過ごすことができるように、就寝中も健康状態が急変した際の安全対策なども、考慮する必要があります。寝室の介護リフォームを考慮する際は、採光や通風、遮音などの快適性に配慮します。 介助が必要になることも考えスペースを確保、床は滑りにくくし、寝室の隣にトイレの設置を考慮する必要があります。



以前は一般住宅では手すりの設置が、建築基準法では定められていませんでした。
手すりをつけると場所をとってしまうので、付けた方が良い場所にもついていない場合があります。階段・廊下の介護リフォームを考慮する際は、 滑ってしまうと大変危険なため、 滑り止めをする等の工夫が必要です。階段に薄手のカーペットを張り付けるなどして、滑り止めを施すといった考慮が有効です。



一般住宅での玄関の段差は大きいです。足の不自由な方は、玄関を上がることが難しい状況になりかねますので考慮が必要です。玄関の介護リフォームを考慮する際は、車椅子での使い勝手も考え広くし、 緩いスロープ状で段差をなくし、手すりをつけ、座って靴を履ける場所を設置するなどの考慮が必要です。


介護リフォームをすると生活がこのように変わります。




 介護保険を利用した浴室リフォームです。深い浴槽を撤去し、浅く広い浴槽に変更しました。手すりも複数設置し、安心して入浴出来るプランとしました。合わせて床のタイルも滑りにくいものに変更させていただきました。

和式から洋式トイレへの変更です。スペースを確保しつつ、手すりを複数追加し、使いやすいトイレになりました。段差も解消できたので足元の不安もなくなりました。

介護保険対応住宅改修カタログ

介護リフォームの会社選び


介護リフォームの施工実績のある会社に頼む

 住宅のリフォーム業者には様々あり、それぞれ得意としている分野があります。
例えばマンションのリフォームをメインとしているところ、戸建て住宅が得意なところ、住宅メーカーのリフォーム部門など様々なタイプがあります。
 介護リフォームを専門とする業者はまだまだそれほど多くないのですが、介護リフォームには補助が受けられる改修内容には様々な条件があります。また、高齢者の方の安心の暮らしを守るための住宅改修ですから、一般的なリフォームとは違う専門知識と経験が必要となります。
 例えば片麻痺の状態がある要介護者にとっては、手すりひとつとっても、手足の可動範囲などをしっかり理解して設置計画を立ててもらわないと、暮らしやすくなるどころか生活しているなかで身体をぶつけてしまいケガをしてしまうこともあります。
また、車イスを利用しているのであれば、しっかりと車椅子が通れる広さを確保しているかどうかも大切なポイントです。

身体の状態に合わせた慎重な計画が必要だからこそ、介護リフォームを頼む場合は、実績があるかどうかを確認してから、信頼できる業者を選ぶと良いでしょう。

ハートステーションは2,000件以上の介護リフォームの実績がある介護リフォーム専門店です。


介護保険制度などを説明してくれる会社を選ぶ

住宅改修における公的補助は、手すりの取り付けやバリアフリーなどの工事により、要介護の認定を受けた方の自立を助け、生活の質を高めることを目的にしています。

介護保険制度は、ご本人様もしくは同居のご家族の方に「要支援」もしくは「要介護1〜5」と認定された在宅の方がいらっしゃる方を対象にした助成制度です。住宅改修が必要な人に対し、一生涯で20万円まで、改修工事の9割を補助してくれます。改修工事の内容については工事場所によって、また各市町村によって条件が有ります。

また各自治体などで、高齢者住宅改修費支援制度や障害者住宅改造費助成制度が用意されていることがあり、助成額はそれぞれ異なります。
給付対象になる工事かどうかをケアマネージャーなどの専門家や主治医に確認しておきましょう。




 また、申請の際にはいくつかの書類が必要です。そのうちのひとつである「住宅改修理由書」の作成は、居宅介護支援事業者等に所属する介護支援専門員または作業療法士、福祉住環境コーディネーター2級以上等の有資格者に限られております。

 福祉住環境コーディネーターは、高齢者や障害者に対して住みやすい住環境を提案するアドバイザーです。高齢者や障害者の住環境の問題点やニーズの発見、住環境整備の方向性や方針の決定、本人や家族、ケアマネージャー、リフォーム会社などとの調整、施工後のフォローアップに至る一連の流れをコーディネートする役割を担います。

ハートステーションなら、福祉住環境コーディネーター1級が所属しているため、この手続きをスムーズに行うことができます。



介護に精通した有資格者のいる会社を選ぶ

業者選びのひとつの目安として、そのリフォーム会社に、福祉住環境コーディネーターが在籍していれば、なお良いでしょう。

 福祉住環境コーディネーターは、福祉・医療・建築、それぞれの専門家と連携して活動し、介護を受ける本人とその家族の希望に合わせた住宅デザインを提案しています。高齢者にとって住みやすい住宅づくりのポイントをよく知っているだけでなく、介護リフォームに関する補助制度情報などに関しても精通していますし、福祉住環境コーディネーター2級資格を持っていれば、介護保険の補助申請時に必要な「住宅改修が必要な理由書」という書類の作成資格もありますので、手続きにおいても何かと頼れる存在です。

ハートステーションは代表の高田が上位資格である
福祉住環境コーディネーター1級を保持しています。

 また、介護保険や医療保険等の制度により、利用者の介護を伴う生活が経済的な面等で負担無く送れるように、相談にのり、医療機関等への連絡を行うことができる国家資格である社会福祉士、要介護者に対して直接介護、支援を行うことができる国家資格介護福祉士も在籍しており、ケアマネージャーの方からも介護に精通した人がいて心強かったと声をいただきます

≫ハートステーションに頂いたケアマネージャー様の声はこちらから

ハートステーションの主な所有資格
福祉住環境コーディネーター1級、社会福祉士、介護福祉士、
二級建築士、インテリアコーディネーターなど


詳しく聞きたい方はお気軽にお問い合わせください。

よく一緒に閲覧されているページ

介護リフォーム 住宅改修 練馬 お問い合わせから工事完了までの流れ ケアマネ 介護リフォーム 住宅改修 ハートステーション 介護保険 住宅改修 Q&A
お問い合わせから
工事完了までの流れ
ケアマネジャーの声 介護保険 住宅改修 Q&A

練馬区 清瀬市 介護リフォーム 介護保険 住宅改修 社長ブログ 練馬区 清瀬市 介護リフォーム 介護保険 住宅改修 練馬区 介護リフォーム 介護保険 住宅改修 施工管理
社長ブログ 新聞・雑誌他メディア掲載 介護リフォーム専門店の
施工管理 Blog

東京での介護リフォームをお考えの方はこちら

介護保険対応住宅改修カタログ

介護リフォームについてのお問い合わせ

思い立ったが吉日


介護リフォーム専門店の施工管理Blog